· 

天川村でバーベキュー禁止!ゴミ放置する馬鹿野郎

奈良県天川村でバーベキューが禁止となりました。(一部キャンプ場などを除く)川沿いで家族で、友人で楽しむバーベキューほど楽しい遊びはないですね。美味しいお肉にビール。暑い体を冷やす清流。エメラルドグリーンのみたらい渓谷を守るには、やむなし。条例可決に賛成です。


 

 

ごみは放置され、汚れは流される

  

 

 

全てを持ち帰ることは不可能なゴミ  

 

 

こちらと出したごみはすべて持ち帰る。落ちてるゴミは拾う。を地でいく生活をしていますが、自分はすべて持ち帰ったと思っていても、落としてしまったゴミなんかがあるんですね。

 

 

風で飛んで行ったことを知らずに忘れ去られたゴミ。

ひとまとめに集めたごみを車に乗せ忘れた。

網から落ちたウインナー。

こどものお尻を拭いたウエットティッシュ。

レシート。

タバコの灰。

 

ゴミをあげると枚挙に暇がありません。

 

 

悪質なのはゴミを持ち帰るという発想もなく、自分勝手に「ここにゴミを集めておこう!」護岸に寄せ集めるパターン。テトリス式にほかの人も置いていく光景が想像される。性質の悪い人たちですね。ゴミは集めて置いておいたから大丈夫でしょう?燃えるごみと缶、ペットボトルを分けたしね♪

 

 

 

 

BBQの炭の処理と道具の洗浄で汚れる川  

 

 

一見、炭を川に流すだけなら清浄する力が期待できるので、悪くないように感じますが・・・。お肉やお魚、油が出ますね。油が川に流れるんですね。川が汚れますね。エメラルドグリーンの天川みたらい渓谷に油が浮いているなんて悲しいほかないですね。

 

 

道具類も洗う必要があるので、川で洗いますね。当然のように界面活性剤の入った洗剤を使うんですね。衝撃的です。田舎で暮らしている人は下水処理を浄化水槽で行っているんです。浄化水槽の金も払ってるんdねすよ。水をキレイに保つために。

 

 

金も払わず川だけ汚して楽しんで、それはだめでしょう。天川村で買った食材や飲料もほぼないでしょうしね。金も落とさず汚れとゴミだけ落とすんですから、村が条例をしくのは当然ですね。

 

 

 

モラルの低下が生む、自由度の減少

 

 

 

実はBBQを禁止してもゴミは減らないんですね。モラルが低下してますからね。BBQをしなくてもお弁当を持ってきますし、ナイロンの袋はありますし、缶類、ペットボトル類も持ち込みます。持ち込んだゴミを持って帰ることを徹底させないといけませんね。

 

 

結局、一つBBQの楽しみが減っただけなんです。川で遊ぶ楽しみが一つ減っただけなんですね。まるで焼き畑農業のように、遊びに来る人達は遊び場を焼き払うかのような行動を起こすんですね。

 

 

こういった場に、めっちゃくちゃ強い範馬勇次郎の人が、ゴミのチェックなんかしたら皆ゴミを持って帰ると思うんですがね。なかなかゴミを捨てている人に注意できる人間いませんからね。見て見ぬふりになるか、私もそうしよう~と反目に回るか。。 

 

 

 

禁止しても減らないゴミと汚れる川

 

 

結局、一つBBQの楽しみが減っただけなんです。川で遊ぶ楽しみが一つ減っただけなんですね。条例の可決には賛成なんですが、天川村のエメラルドグリーンの川沿いでBBQするなら、清掃協力代金として駐車場料金に1台あたり数千円支払ってもらうべきだったと思います。

 

 

燃えるゴミはこちら。缶、ペットボトルはここ。炭はここ。道具洗うのはここ!!って整備してあげればいいんですよ。日本人の勤勉さは、所定されれば皆進んで行えることなんですよ。考えさせると思考停止になってしまうんですよね。

 

 

BBQは禁止になったので、ゴミ捨て場の設置と清掃協力金の徴収は行うばきでしょうね。人がこなければ川はキレイなんですからね。きれいな川を残す方が優先されるべきでしょう。 

 

前の記事<< >>次の記事